黒輔処理場

もっぱら特撮・映画・アニメ等の感想ブログです。たまにプラモデル作ってます

感想『仮面ライダージオウ』電王編 前半/第39話【ネタバレ注意】

どうも、黒輔です。 

 

普段は2週間分まとめて書いている『ジオウ』感想エントリ。しかし来週6/16はゴルフイマジンにより放送休止ということで、電王編は1話ずつ記事をアップしてみようと思います。間空くと、いろいろ忘れそうですし。

 

というわけで今回は、安定と安心の電王だった『仮面ライダージオウ』第39話「2007 : デンライナー・クラッシュ!」でございます。

 

第1話「俺、参上!」

 

電王編前半・あらすじまとめ

  • 冒頭、ついにグランドジオウがお披露目。
  • デンライナーが「事故」を起こし、順一郎おじさんに修理が依頼される。
  • 死んだ姉の恋人を憎むタクヤがアナザー電王となり、デンライナーをジャックする。
  • オーマジオウとなるソウゴを排除するため桜井侑斗とデネブがやってくる。
  • モモタロスが電王ウォッチをポンとくれたので20ライダーのウォッチが揃い、グランドジオウライドウォッチが誕生する。

 

イマジンズという、実家のような安心感

番組開始早々に繰り広げられるイマジンズのコント。『電王』のBGMも相まってもはや番組をジャックしている。イマジンズによる軽快で微笑ましい掛け合いこそが『電王』という番組の明るい雰囲気を作り出していたのは言うまでもない事実ですが、TVではご無沙汰しておりました。

 

電王というと、放送終了後もたくさん映画が作られ、『キバ』『ディケイド』『W』を挟んで『オーズ』の頃になっても『オーズ・電王・オールライダー』なんてタイトルの映画が作られるくらいですから、それほど人気もありましたし、「『電王』はもうええわ」という気持ちも当時の自分の中ではありました。「電王だけ知ってるけどあとの仮面ライダーはシラネ」みたいな人への反発心も(笑)。(その頃は小中学生とかだったからね仕方ないね

 

そんな電王もここ数年はなんとなく収まりを見せていたように思います。せいぜい春映画にイマジンズの声優が出るくらい。もちろん、TV画面に出てくることはほとんどありません。(ディケイド以来か?)だいぶ期間を置くことで、自分の中でも「やっぱり電王っていい作品だったよなー」と落ち着くことができたので、今回の客演は、だいぶ穏やかな気持ちで見られたなあと。

 

 

やっぱり、映画館までわざわざ出かけていって見るのと「いつものおうち」で見る「毎週日曜のテレビ」に彼らがいるってのは、違うじゃないですか。あの頃の2007年とは、個人的に使ってるテレビも住んでる場所も仮面ライダーの放送時間も違うけど、やっぱり電王を毎週楽しみに見ていたあの頃に引き戻してくれたような感じがあって、なんか嬉しかったっすねぇ。

 

まー、「平ジェネFOであれだけフィーチャーしておいてテレビでもしっかり電王編やるんかい」とか「そもそも平ジェネとの繋がりはどうなってんねん」とも思ってますけど(笑)めちゃめちゃ雑な感じで終わったW周りのことを考えるとちょっとね...

【ネタバレ注意】『平成ジェネレージョンズFOREVER』感想【平成ライダーよ永遠に】 - 黒輔処理場

 

 

桜井侑斗

侑斗もだいぶ久々。『電王』の頃は『響鬼』に出てた京介と同じ役者さんなので子供ながら「かおがおなじだ・・・」とか思ってたかもしれない。電王の侑斗が演じる中村優一さんにとっても結構思い入れがあるみたいで、Twitterでも素晴らしいはしゃぎっぷり。中村さんは一度、療養の為俳優を休業していたことがあったのですが、今でも元気に俳優業をされているところを見るとなんだかこっちまで嬉しくなります。

 

さてやってくれました同じ役者ネタ。「あんた・・・桐矢京介!」「誰だ?それ」。まあやらなきゃウソだし『ジオウ』でもないと出来ないネタですよね。求めていたものをやってくれたという感じで、どうもご馳走様でした。デネブとのコンビも相変わらずだったしね。年月が経って流石に侑斗も落ち着いたのかプロレスはやらなかったけれど、「デェネェブゥゥ!」ぐらいはまた聞きたいなあ笑 まあ、電王当時の過去の侑斗が現在の桜井に追い付くぐらい時間が経ってるので、そりゃ多少は落ち着くよねーという感じ。12年か・・・

 

さて12年経ったという事ですが、過去の侑斗がそのまま野上愛理と婚約するわけではなく、彼は彼の人生を生きています。どうしてもタイムトラベル、タイムパラドックスを扱う物語ってフワっとしてて雰囲気で済ましちゃうところがありますが・・・本編後の若い侑斗は本来の時の流れからは独立した、ということで、今でもゼロライナーに住んでるんだろうか。(3号や4号ではどういう登場してきたんだっけな・・・)

 

ところでオーマジオウになるソウゴを止めにきた侑斗ですが、本来の時の運行を乱すことになるのでは・・・?それにゲイツらの時間干渉については特にお咎めなしなんすかね?オーマジオウ未来が余りにも酷いので特例だったりするのだろうか。ここら辺は全く触れられなさそうや・・・ 改めてオーマジオウへの道が開かれたまま、という事実をソウゴやゲイツに突きつけた侑斗なのでした。

 

その他

アナザー電王となるタクヤは「姉が死んでいる」「その恋人を憎んでいる」という点で電王の良太郎のアナザーとなりました。これは結構納得。「めっちゃ運が良い」とかだとギャグにしかならんしアナザーライダーになる理由がないからね・・・ 明るいノリに見せかけてほろ苦い話もやる電王らしさがあると思います。この人についての話はまた再来週。

 

ついに登場したグランドジオウ。来週がゴルフだからといって今週戦闘シーン先出しは力技すぎでは(笑)いくら販促の都合があるとはいってもねぇ・・・再来週は変身シーンが見られるんですかね~。変身音がもう笑っちゃうぐらいむちゃくちゃ長いけどどんな演出がなされるのやら。楽しみ。

 

余談・映画について

電王編のあとはドライブ編かな~と思ってたらまさかの映画にドライブ勢出演。

 

てっきり映画は純粋にジオウ単体でやるもんだと思ってたらドライブが絡むのか・・・一体どうなるんでしょうねぇ。なんか戦国時代に行くとかで、ワタクシちょっとトンチキ映画の雰囲気を感じております・・・!

 

次回は「2017: グランド・クライマックス!」オーマジオウも久々の登場なので楽しみ。

 

 

www.kurosuke404.com

 

仮面ライダージオウ DXグランドジオウライドウォッチ

仮面ライダージオウ DXグランドジオウライドウォッチ