黒輔処理場

もっぱら特撮・映画・アニメ等の感想ブログです。たまにプラモデル作ってます

感想『仮面ライダージオウ』響鬼編/第33話・第34話 ~細川氏不在ゆえの存在感【ネタバレ注意】

どうも黒輔です。

 

仮面ライダージオウ』も響鬼編が終了となりました。残りは1クールとちょっとですか・・・早い・・早くない・・・?

 

元号が変わるタイミングで「どうしても世代継承のテーマを扱いたかった」という製作側。うまいことスケジュール合いましたね。平成ライダーってつくづく偶然に助けられてるコンテンツだなと思います(笑)

 

細川茂樹さんは出演とはなりませんでしたが、弟子の桐矢京介役・中村優一さんが久々に出演し、「継承」に相応しい話となっていました。

 

前回のアギト編の記事はこちら↓

【感想】『仮面ライダージオウ』アギト編/第31話・第32話【ネタバレ注意】 - 黒輔処理場

 

一之巻「響く鬼」

響鬼編まとめ

  • アナザー響鬼が出現。正体はソウゴの級友で、響鬼の弟子だった鼓屋ツトム。
  • 響鬼と名乗るのは、自身もヒビキの弟子だった桐矢京介だった。
  • しかし、トドロキは京介を「響鬼になれなかったただの鬼」と痛烈に咎める。
  • 京介は鬼の掟に反してツトムを庇う。
  • ウォズは誕生日を迎えたソウゴの祝い方に悩み、さらにツクヨミに「あなたは自分が楽しんでるだけ」と指摘されて本気で落ち込む。
  • トドロキに一時的に弟子入りしたウォズは師匠との会話の中で吹っ切れる。
  • ソウゴとツトムの関係を知った京介は、自分のヒビキの背中に追いつけない苦しみを打ち明けるが、同時にツトムの思いを知る。
  • 京介の思いに呼応し響鬼ライドウォッチが生成され、京介は響鬼に変身。
  • ツトムは再び京介に弟子入りし、トドロキもまたそれを見守る。
  • ソウゴの誕生日パーティー。そして次のレジェンドはキバ。

 

仮面ライダー響鬼について

ブレイド、アギトに続いて響鬼編ときました。響鬼のオリキャスがライダーにカムバックするのは、ディケイド以来でしょうか?私も響鬼は楽しく見ていたので、懐かしいです。ただ、放送当時から見直せておらず、あまり記憶にない・・・

 

ひとつ覚えてるのは、やはり幼いながらに後半の路線変更を感じていたということ。響鬼、「なんかデザインも全然違う!変身前の名前も普通の苗字・名前じゃないしデカい敵と戦ってる!今までのライダーとは違うぞッ!」と感じていたのですが、敵が普通の人型怪人が多くなったのが残念に感じたんですよね。それだけ覚えてる。

 

 

ウォズ、悩むの巻

ジオウ側のストーリーでは、ウォズが主役でした。自分のアイデンティティの危機に直面しているわけなので本人的にはメッチャ深刻。とはいえ、「主の誕生日をお祝いしたい」という所から出発しているので、神の視点から見ると微笑ましい。お前乙女かよ・・・

 

あとウォズに痛烈な指摘をしたツクヨミが他人事のように「ウォズ悩んでて面白かったわよ」とあっけらかんとした態度なのもクスッときました。君そういうところだよ。めっちゃツクヨミらしさがあるけど。

 

この時期のサブライダーはネタキャラ化しやすいみたいな話がありますが、ウォズは1話から面白キャラなところがあるので・・・あんまり違和感なかったですね。

 

「あなたが側にいる事こそが最大の祝いだ」という着地点は、どことなく響鬼っぽさもあって良かったのではないでしょうか。特に、今まで交友関係の少なかったソウゴだからこそ、何気ない日常が尊いでしょうね。トドロキからザンキさんへの言及があったのも嬉しかった。

 

京介の継承

なぜ京介は響鬼を継承できなかったのか。それは彼自身が「ヒビキさんに追いつけない」と苦悩していたから。彼自身のこだわり、葛藤の問題だったんですね。

正式に継いでもいない「響鬼」を名乗ったのは、その心の裏返しでもあるのでしょう。

 

ただ、ツトムにとっては、京介は立派な師匠だった。京介もツトムに救われていたことが分かった。弟子を持つことで師匠も成長できる。そして京介は京介なりに「一人前の鬼」になっていたんだと。京介はやっと自分を認めてあげられたんですね。

 

鬼とは生き様のこと。それが君の響きだよと言わんばかりに後光が差し、「輝」が流れる。ライドウォッチの力で一時的に響鬼になった京介は、弟子のツトムと共にこれからも修行を続けていくのでしょう。京介、良かったなあ。ヒビキ役細川茂樹さんは出演とはなりませんでしたが、十分に存在感を感じさせるストーリーでした。

 

今まで師匠が偉大すぎて弟子を取らなかったトドロキも、京介を見てその気が変わりつつあるみたいだし、色々自分を見直すきっかけになったのかもしれません。トドロキさんならきっといい師匠になれるよ~。日菜佳さんがご存命なのも泣けます。(演じた方は『響鬼』終了から数年で鬼籍に入られてしまっているので...)トドロキ周りのセリフは丁寧でした。

 

10年以上経ったからこそできる「響鬼」のアフターストーリーだったのではないかと思います。

 

ゲイツの山盛りご飯

平気でリバイブつかってるゲイツ君、君本当に大丈夫なんですか。実は鍛えててリバイブの反動に耐えられるようになってるとかなのかな。山盛りご飯もトレーニングの一環なのか。ちゃんと食うことは大事だからな・・・それとも、じつは内出血しまくってるとか?

終盤で思い出したように反動が来るとかやめてくれよいろんな意味で。

 

NEXTレジェンド

キバ登場!そしてキバット役の杉田智和さん出演・・・かと思いきや仮面ライダーギンガ役!?

キバ要素とギンガ要素がどう絡んでいくのかまったく予想がつきません。

 

キバ編の次くらいでジオウの最終フォームも登場になるのかな。こちらも気になりますねー。

 

www.kurosuke404.com

 

 

仮面ライダージオウ DX響鬼ライドウォッチ

仮面ライダージオウ DX響鬼ライドウォッチ

 

 

 

仮面ライダー響鬼 Blu-ray BOX 1

仮面ライダー響鬼 Blu-ray BOX 1