黒輔処理場

諸事情により更新はお休み中。Twitterにて生存報告しています。

『ハロプラ ハロ ベーシックグリーン [クリアカラー] 』を4時間で製作!【プラモ製作記】

 

どうも黒輔です。

 

宮城県仙台市にて、「GUNDAM BASE TOKYO POP-UP STORE」が開催されています。(2019.3.29~4.13 現在は終了。)

普段、お台場のガンダムベースでしか買えない限定プラモが買えたり、川口名人が自ら製作したオリジナルガンプラの展示がありました。

仙台在住の皆さんは是非。

 

さて、記念にこちらを購入しました!

f:id:kurosuke303:20190405133637j:image

 

なんと540円!の安いハロプラです。

 

せっかく買ったものを積んでおくのは勿体無いので、急ピッチではありますが作ったみることにしました。

 

 

 

 ハロプラ:内部メカの塗装

f:id:kurosuke303:20190405133905j:plain
f:id:kurosuke303:20190405133900j:plain

通常のハロプラだと内部メカは赤一色ですが、クリア版は赤と銀に分かれています。

 

とはいえ、成型色だと味気ないのでメタリックカラーで塗装しましょう。

f:id:kurosuke303:20190405145630j:image

まずは下準備として黒サフ。

 

f:id:kurosuke303:20190405150144j:image 

シルバーと、メタリックレッドの下地にするゴールドを塗装します。

 

f:id:kurosuke303:20190405150347j:image

ゴールドのパーツにクリアレッドを吹き、鮮やかな赤になりました。

 

f:id:kurosuke303:20190405151455j:image

内部メカは銀のみだと味気ないな〜と思ったので、ゴールドやライトガンメタル(タミヤラッカー)で塗り分けてみました。

・・・雑ですね。どうせ隠れるし、今回も例によって納期に追われているので筆塗りで強引な塗り分けです(笑)

ただ、雰囲気は出ると思います。

塗装後、光沢クリアーを吹いておきます。

 

ハロプラ:外装

さて外装に移ります。

f:id:kurosuke303:20190405160606j:image

素組みだと透明度が高いと感じたので、パール塗料を吹いて半透明にします。 

↓参考URL

bandai-hobby.net

 

f:id:kurosuke303:20190405182720j:plain

 こんな感じです。素組みと比較するとだいぶ透明度が下がったと思います。

 

手足のパーツも残っているのですが、色に悩んでいるので後日塗装します。

 

ハロプラ:組立

さて取り敢えず組み立ててみましょう!

いつもこの瞬間はワクワクすると同時に緊張します・・・

 

f:id:kurosuke303:20190405231615j:image

こうなりました!透明度を抑えつつ、内部メカが見える感じになりました!・・・と思います!

 

ちなみに前側外装を外すと

f:id:kurosuke303:20190405231743j:image

こうなります。怖いですね。筋肉がむき出しになってる人体模型みたいで。

 

f:id:kurosuke303:20190405231803j:image

以上、クリア版ハロの製作でした。

 

クリア版ってよく限定ガンプラで売ってますけど、結構扱いに困るんですよね・・・

 

なにか他に、良いクリア版の使い方が見つかれば良いのですが。

 

さて、プライベートも落ち着く兆しを見せているので、まずはしっかり製作途中のものを完成させ、どんどん新しいプラモを作りたいですね。

 

今回はここまで!また次回!