黒輔処理場

諸事情により更新はお休み中。Twitterにて生存報告しています。

【意外】ガチで運動経験ゼロの自分が、トレーニングジムに通い始めてみた

どうも、黒輔です。

 

タイトル通りのお話をしたいと思います。

自分ほんと運動はからっきしで・・・50m走ではやたら遅く、シャトルランでは割と最初の方に脱落、もちろん非運動部だし、周囲の冷たい目線を感じながら体育の時間を決死の思いで乗り切る、そんな経験がきっと運動が苦手な方にはおありでは?

 

まあ高校が終わってからは、体育の授業なんてないんでだいぶ気が楽ですけど(笑)

特段苦手でない方は、なんで僕らがそんな卑屈になってんのか分からないんでしょうけど、長年の経験の積み重ねって伊達じゃないんですよね〜。

 

それで、何故それほどまでに運動苦手な自分がジムなんぞに通い始めたのかというと、実生活に耐えうる体力をつけたくなったのと、筋肉をつけて体重を増やしたいと思った(標準体重に10kg弱足りません)のが主な理由です。

 

単純に、コンプレックスの克服っていうのも少しあります(笑) 

 

まだ始めたばかりなので、身体の変化はどうとかは特にないんですが、気づいたことがあります。

 

ウォーキングが気持ちいい(笑)

 

ランニングマシンに乗り、マシンについてる画面で流れる田舎な風景をボーッと眺めながら何も考えずにひたすら歩くのが気持ちいいんですよ。

普段のいろいろな思考や情報の海から解放される感じというか。本当になんも考えなくていいので、歩いてるだけなのに新鮮さすらある。これには自分もびっくりしましたよ。

 

マシンの画面使ってテレビとかYouTubeとかも見られるんですが、特に何も流さない方が自分にはしっくりきますね。

もちろん、見ながらやってる方も多くいらっしゃいますが。

 

そんなのその辺でウォーキングすれば良いじゃないか、無料だし、という方もいらっしゃるかと思いますが、特に運動苦手な方なんかはどうしても、他人の目線を必要以上に気にしてしまう方とか、気が散ってしまいがちな方なんかにはマシン乗って歩くなり走るなりするのが結構おすすめです。

信号待ちでペース乱れたりしないし。

 

ぼくが利用しているジムは24時間営業で好きな時間に行けるし、目的別トレーニングメニューのフライヤーも置いてあったり、マシンには簡単な使い方と鍛えられる部位の表示があるので、ガチ初心者でも戸惑わずに利用ができました。こういう点もありがたいですね。

 

アルコールとタオルも備え付けで自分で掃除するシステムなんで、万が一、一週間もフロに入ってないヤツがチ〇ポいじった手で同じダンベル持ち上げたりしてても安心ですよ。

 

 

ただ近くにジムがないとかでどうしても行けない方はアプリを利用するのがいいですね。トレーニングのスケジュールを組んでくれるので、その通り実行するだけです。

 

それではまたー。